水分を吸着始める気質がきつく、水分を角質部類に渡し、はりと弾力性のある角質部類の気質を保つベネフィットを担っています

肌障壁と至る細胞時脂質の能力

角質細胞時脂質角質細胞の構造は、とことんレンガとセメントに例えられます。角質細胞(レンガ)同僚を角質細胞時脂質(セメント)が結びつけるため、内部の水分蒸発を鎮め、外側の刺激から続けるという役割があります。

角質細胞時脂質は水を携える親水基と脂質としての気質を持つ親油基があります。水分部類と脂質の部類が交互にかぶさる形の結果、脂質両方層状構造(ラメラ構造)となり、上の画のように水を挟み込んでいます。

水分部類と脂質部類が交互にあることで、何とも水も漏らさぬしなやかな防止ハードルになっている事情です。また比熱の高い水分部類は、温冷刺激に対しても、際立つクッションとなります。

こういう水と脂がキレイに並んだラメラ構造が崩れてしまうと、水分が抜けやすくなる。乾燥しやすい肌や敏感肌の方法はラメラ構造を整えて保湿することがポイントです。

角質細胞時脂質はケラチノサイトの先化の過程ででき上がる脂質で、その成分はスフィンゴ脂質のクラブ「セラミド部類」が幾分分を占め、遊離脂肪酸、コレステロール、コレステロールエステルなど複数の脂質で組成されています。

セラミドには6つの集まりがあります。保湿に人付き合いあるのは集まり2と集まり1で、集まり2のセラミドは水分を保持するベネフィットを担っています。lamellar-essence.com