生活習慣や暖房の入れすぎなども皮脂欠乏症に患う原因の1つと考えられています

それぞれの保湿因子の能力を知ってスキンケアに活かしましょう

保湿因子の重要性を前述で述べましたが、次はそれぞれの保湿条件を細かく見てみましょう。
皮脂は水分を保つ大切な膜です

汗と皮脂(皮脂腺から分泌変わる脂)が混ざり合ったもので、天然のクリームとも言われます。天然の油膜として肌の外層を囲うため、水分の蒸発を防ぐとともに、スレ反抗を切り落とし、外層をなめらかにしています。また、皮脂膜にある脂肪酸によって前後酸性を持ち、黴菌の増大を防いでいます。

皮脂と汗などが混じりあい皮膚膜となります

皮脂の容量と経皮水分蒸散容量(TEWL)は、逆関わりにあるために皮脂の容量は多すぎても少なすぎてもいけません。皮脂の分泌が少ないと肌にザラ付きや乾きが出て支障も弱ります。反対に皮脂の分泌が多すぎる、肌が脂っぽくベタつき、皮脂が刺激物質に変化し肌の炎症を齎し、面皰の因子にもなります。このように皮脂膜が重要な機能を果たすためには、適度な皮脂の分泌が入り用です。

水分を蓄えてキープする天然保湿条件

Natural Moisturizing Factorと効く、NMFと略されます。ケラチノサイト(先化細胞)が先化やる過程でタンパク質から作り出されます。水分と結合する気質があり、アミノ酸、尿素、バスト酸、塩基部類などで構成されています。ED治療薬の評価を参考にしよう