美しい肌の前提に「うるおい」は欠かせません

美肌効果を期待して、高価クリームやビューティー液をずっと購入している方も多いのではないでしょうか?まずは「保湿のシステム」を理解し、ふさわしいスキンケアをやり、潤った素肌を目指しましょう。

肌の潤いは、角質部類(先部類)で守られておる

角質部類は少し約 0.02 ㎜(夕食包装用透明ラップと同水準)の厚さのなかで、角質細胞が妨害のみたい. に 10 ~20 部類積み重なり、外部からの水分の侵入を防ぎ、共々内部の水分の蒸発を防ぐというベネフィットを担っています。手のひらや足の反比例などでは先部類がとっても太く物理的な刺激に強くなっています。

例えば、お風呂に入ったまま水が肌の中に入っていかないのは何ででしょう。肌には外部からの異物の侵入をはばむ支障反応が備わってあり、細胞同僚を接着させるため、水や異物が肌の中に潜り込むのを防いでいます。ですから、肌の外側から化粧水などで水分のみを服薬しても、角質部類深部に潜り込むことはなくそのままにしておくと蒸発してしまう。この時、角質部類にある水分を奪っていくので過乾燥となることもあります。くろあわわの実践レポート